1m×1m風洞実験室

この実験室は1m風洞が設置されていて、航空機やロケットに作用する空気力を自動測定します。 ゲッチンゲン型回流式風洞、75kw、最大風速50m/s、六分力自動天秤を設置

SST模型

風洞測定部のロケット模型

他に以下の設備を設置しております。
 ・0.4×0.4m低速風洞(空気力や流れの可視化を行う)
ゲッチンゲン型回流式風洞、15kw、最大風速40m/s、三分力天秤
 ・ショックチューブ
 ・マッハツェンダ干渉計
 ・シュリーレン装置  …などを設置しています。