Topics2021/12/23

チャンス到来!(航空機設計者を目指すなら?今でしょ!!)

  • d1

本日付(12月23日)の新聞各紙で報道されているように
次期戦闘機の開発費として858億円が来年度予算に計上
されるとのこと。

という事は・・・・・

航空機設計者を目指すなら、今が絶好のチャンスです。

1990年代のF2、2000年代のC2/P1に代表されるように
日本での航空機開発の多くは防衛省により行われてきました。
その防衛省による、次の航空機開発プロジェクトが
いよいよ本格化してきました。そしてその開発規模は、
F2やC2/P1を数倍上回ると言われています。
つまり、今後数年間は航空機設計技術者の需要が高まる。
それも、これまでにない大きな規模で。
次期戦闘機の配備は2035年ごろと言われているので、
今から数年間が航空機設計者になるための絶好のチャンスです。

来たれ、将来の航空機設計者!

※ F-2 : 航空自衛隊が保有する戦闘機
  C-2 : 航空自衛隊が保有する輸送機
  P-1 : 海上自衛隊が保有する哨戒機
※※ 哨戒機:海洋の警戒を任務とする軍用機

Informationインフォメーション

  • NBU日本文理大学公式サイト
  • 2018 OPEN CAMPUS 日本文理大学受験情報サイト「受験情報はここでチェック」
  • マイクロ流体技術研究所
  • 豊翼会