お知らせ

  • 新着
  • 講義・研究
  • 就職・OB.OG
  • 学生生活
  • 地域貢献

ジャッキアップ!

測定値を記録する学生

2018.06.22

 航空機の重量重心測定

 3年生がこれまで教わったことを基に、「航空工学実験2」として、航空機構造組立法や電気回路の実験など様々な実験をしておりますが、本日は、航空機の重量重心測定を行いました。
 航空機が飛行するには、重量も大切な要素ですが、更に大切なのがバランスです。バランス即ち重心位置が何処にあるかが航空機の姿勢を保つ上で大切なこととなります。
 このため、実験では事前に教室で座学を行った後、格納庫で実際に航空機を3点でジャッキアップしそれぞれの重量を測定しました。そして、このデータを基に重心位置がどの位置にあるかを計算により求めて当該航空機の現在の状況を確認していました。

 初めて行う学生たちにとって、将来に向けて貴重な経験にもなったことと思います。

 
ページトップへ